ラポマイン

ワキガと汗の両方に効果のあるデオドラント剤!

 

近年若い人を中心に増えているのがワキガです。

 

 

これは食生活の欧米化に伴い肉食の機会が増えてきたことが一つの原因と言われています。

 

 

そうは言っても日本人のワキガの有病率は20%程度ほど。

 

 

欧米人(主に白人)が60%、黒人に至ってはほぼ100%がワキガを持っていることを考えればそれでも少ないと言えますが、少ないだけに余計に目立ってしまうのが困りものですね。

 

 

ワキガはなにも男性だけではありません。ここ10年ぐらいの統計を取ると女性にも増えているのです。

 

 

脇の下のエチケットと言えば制汗剤と殺菌クリームなどを使っている人が多いと思いますが、これだけでワキガは改善するものではありません。

 

 

ワキガの正しい対策のためにはまずはワキガのメカニズムを知るところから始めましょう。

 

 

なぜワキガになるの?

ワキガの原因はアポクリン腺という皮脂腺から出る油分の多いベタ付いた汗が毛穴に入り込んで酸化し、それをエサとする雑菌類が繁殖して出す匂いです。

 

 

雑菌類は増殖する時に排泄物としてアンモニアなどの臭気の強い物質を幾つか分泌するのでそれらが混ざり合ってあの独特の苦いような臭いになってしまいます。

 

 

アポクリン腺は脇の下や乳首の周囲、肛門付近にある大きな汗腺で、体の表面が温まった時に最初に出てくる脂っぽい汗を出します。

 

 

もう一つほぼ全身にわたって毛穴付近にあるエクリン腺という汗腺から出る汗は水のようにサラサラしているのですが、エアコンの効いた室内などで長く過ごしていてあまり汗をかく機会が少ない人はエクリン腺が未発達でアポクリン腺からの汗が多くなります。

 

 

これではワキガへまっしぐらということになります。

 

 

ワキガの臭いの元になる原因菌は毛穴の奥の方にいるため通常のデオドラント剤や殺菌クリームなどでは抑制効果はあまり期待できません。

 

 

ましてや制汗剤をつかって肌が乾燥すると肌の免疫力が弱ってさらにワキガが悪化する可能性もあります。

敏感肌の人でも安心して使えます!

 

毛穴の奥の方で繁殖しているワキガの原因菌をやっつけるには肌の免疫力を維持することがとても重要です。

 

 

今回紹介する「ラポマイン」は肌の保湿を徹底的に考えたデオドラント剤です。

 

 

デオドラントなのに保湿?と一見矛盾しそうなことですが、天然由来の保湿成分を補うことでしっかりとアポクリン腺汗を抑えながら効果的に保湿することが実現できたのです。

 

 

「ラポマイン」の除菌率はなんと99.999%!!

 

 

ナノ化された有効成分イソプロピルメチルフェノールがワキガの角質層まで届いて効果的に原因菌を除菌し、さらに保湿効果で肌の免疫力を維持するため新たな菌を寄せ付けません!

 

 

低刺激性だから敏感肌の人でも安心して使えます。

 

有効成分イソプロピルメチルフェノールが角質層まで浸透します。

 

ワキが気になって気になって仕方がない!

 

 

何をしても意識は全てワキ…

 

  • 「蒸れてないかな」
  • 「臭ってないかな」
  • 「気が付かれていないかな」

 

そう、ワキガです。

 

 

ワキガは隠そうと思っても隠せません。

 

 

服を着てても汗が染みだしてきますし、そこからやがて臭いが湧き、周りに異臭として届いてしまいます。

 

 

職場や学校では周囲の人には絶対気づかれてしまいますし、距離を取ることもできません。

 

 

確実に迷惑をかけています。

 

 

それを自覚していたらなおさらストレスですよね。

 

 

ワキ汗パッドは欠かせませんし、電車ではつり革も持てません。

 

 

臭いに気づかれないように他人との距離は常に一定を保ったり…

 

 

制汗剤も常に常備、制汗シートも1日で1袋なくなるくらいの勢いで消費…

 

 

とにかくワキガのせいで一日中、いえ、一年中脇が気になる!

 

 

生活の中心が常に脇!

 

 

そんな憂鬱な生活から解放されたい方にお勧めなのが、ラポマイン。

 

 

今までの脇のケア製品は「制汗」と「殺菌」に重点を置いていました。

 

 

でも、実はこれが間違い!

 

 

制汗成分も殺菌成分も、その強すぎる成分のせいで肌にダメージを与え、乾燥しやすくさせてしまいます。

 

 

肌が乾燥すると体は肌を守ろうとして皮脂を分泌します。

 

 

この皮脂が脇の臭いの原因菌の繁殖を促し、より強い臭いの発生源となってしまいます。

 

 

それを抑えるためにより強く、強力な殺菌を…

 

 

この悪循環のせいで、今までどんなケア製品を使ってもなかなか効果はありませんでした。

 

二大成分がワキガと汗にアプローチします。

 

もちろん、殺菌も制汗も重要です。

 

 

これが間違っているわけではありません。

 

 

ただ一つ、足りないものがありました。

 

 

それが「保湿」です。

 

 

殺菌、制汗したお肌に潤いを与えて、必要以上に皮脂を分泌させないようにする必要があるんです。

 

 

ラポマインは「保湿」にこだわった新しいアプローチのケア製品です。

 

 

まず、厳選した21種類もの植物成分がお肌を強力に保湿。

 

 

次に有効成分イソプロピルメチルフェノールがワキガの原因菌を99.9999%除菌。

 

 

さらに柿渋エキスが分子レベルで原因菌を分解。

 

 

徹底的に殺菌します。

 

 

そして最後にフェノールスルホン酸亜鉛が毛穴に浸透し、汗の分泌を抑えます。

 

 

この3つの効果であなたをワキガの憂鬱から解放します。

 

 

使い方もとっても簡単。

 

 

朝と夜、両脇に塗るだけ!

 

 

慣れれば5分もかかりません。

 

 

たったこれだけの手間で今まで一日何時間も悩んでいたことから解放されます。

 

 

もちろんお肌に使うものだからラポマインは着色料やシリコン界面活性剤などの有害な成分を一切使用していません。

 

 

さらには金属アレルギーの方にも配慮して銀や水銀、ニッケル類も一切排除。

 

 

特に銀は殺菌作用があり、制汗剤に使われている製品が多い中、ラポマインは徹底的にお肌のことを考えてこの銀も不使用にしました。

 

 

毎日使うものだから、継続使用に嬉しいお得な定期コースもあります。

 

 

長年貴方の生活を阻んできたワキガ、ラポマインでそろそろその悩みから解放されませんか?

 

汗の悩みはラポマインで解消しましょう

 

私だけ、大量に汗をかいているんじゃないかと思っていませんか。

 

 

汗をかく量は個人差があるのですが、冷え性で全くと言っていいほど汗をかかない人もいれば、多汗症の人もいます。

 

 

多汗症とまではいかなくても、汗の量が気になっていたり、汗のにおいが気になっている人は多いでしょう。

 

 

臭いに対してとても敏感な人も多いですから、汗の悩みはとても深刻です。

 

 

汗で悩んでいるのならば、ラポマインを使ってみませんか。

 

 

大ヒットしている人気商品です。

 

 

これまで、気軽に手に入る制汗剤を使っていたけれど、汗のにおいが消えていないと思ったことがある人も使ってみてください。

 

 

制汗剤であまり効果を感じなかった人にも臭いが抑えられたと好評だからです。

 

 

これまで使っていたものは、制汗と殺菌だけだったからではないでしょうか。

 

 

わきの下の汗は、他の部分とは違い、エクリン腺からの汗とアポクリン腺からの汗の両方があります。

 

 

エクリン腺から出る汗は、あまり臭いが気にならないのですが、アポクリン腺から出る汗はきつい臭いを放つ可能性が高いです。

 

 

ただし、エクリン腺から出る汗も絶対に臭わないわけではありません。

 

 

これら二つと皮脂汗腺の三つを合わせて対策しないと臭い対策が不十分となってしまいます。

 

ニオイをケアしながら美しいワキを目指せます。

 

汗を抑えれば良い、殺菌すればいいと考えられていましたが、実はこれだけではかえって逆効果になってしまうことがわかりました。

 

 

これまで制汗剤を使っていても効果が出なかったのは間違ったケアをしていたからかもしれません。

 

 

ラポマインは、わきの保湿にこだわっています。

 

 

わきの下が乾燥してしまうと、かえって肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌したり、汗をたくさん出してしまいます。

 

 

だから、保湿が必要です。

 

 

保湿することで、皮脂や汗を過剰に出さなくて済みます。

 

 

そして、殺菌や制汗をすることで、わきの嫌な臭いを抑えることができるのです。

 

 

わきの下の嫌な臭いはとても頑固ですが、分子レベルで臭いの元をシャットアウトする為に柿渋エキスを配合しています。

 

 

今では、柿渋エキスが使われている臭い対策商品はとても多いです。

 

 

それだけ実績がありますから、臭いがすでに気になっている人にも効果的です。

 

 

朝と夜の1日2回使い続けてみてください。

 

 

そうすると、余分な皮脂や汗が抑えられますし、イソフラボンでムダ毛を抑える効果もあるので、女性にぴったりです。

 

 

敏感肌の人も使えるくらい肌に負担がかからないようになっていますので、誰もが安心して使えます。

 

 
inserted by FC2 system